胃がんの告知を受けました

胃潰瘍で入院していたはずが、先日、胃がんの告知を受けました。
マジ話です。

実はその数日前、私の病気について調べ物をしていたところ、私の症状にピッタリ当てはまる記事を見つけてしまいまして、何となく「これかなあ」と予想はしていました。
ですので、正直胃がんと言われてもそれほど驚きはなく、割とすんなり納得してしまいました。「なるほどねー」って感じ。

「印環細胞癌」という悪性の進行がんですが、主治医によれば、少なくとも手遅れではない程度の進行具合(ように見える)らしいので、私自身は別に悲観もしていませんし、この記事を読んだ方も必要以上に心配なさることはありません。大丈夫ですから。

しかし、たかだか33歳という年齢の野郎でもこういうことが現実に起こっているわけですから、ぜひ皆さんにとっては反面教師として、あるいは万が一の際の参考になればと思い、今後いろいろ書いていきたいと思います。

一応今のところ13日に胃の全摘出手術となる予定です。